2016 New York Landscapes, solo show

            ISETAN Tokyo

 

           NYC Summer Invitational Group Show,

           George Billus Gallery, New York

 

2010  Visual Vaudeville, a group show

           Space 368 B’way, New York

 

2010  TOAST (Tribeca Open Artist Studio Tour)

           New York

 

2009   The Persistence of Form, group show

   Agora Gallery, New York

 

2009   Very Personal New York, solo show,

   SpaceYui, Tokyo

 

2007   Release, a group show

   the:artist:network / New York

 

2001   43rd Annual Juried Exhibition

   Society of Illustrators, NY

 

1997   39th Annual Juried Exhibition

   Society of Illustrators, NY

 

 

 

1999 年鑑展覧会入選 ニューヨーク・イラストレーターズ協会 2001 年鑑展覧会入選 ニューヨーク・イラストレーターズ協会 2001−02 全国大学回覧展覧会入選 ニューヨーク・イラストレーターズ協会 2007 グループ展 ‘Release’ the:artist:network:newyorkギャラリー 2009 「個人的ニューヨーク」 スペースユイ(南青山)個展 2009 グループ展 ‘Persistence of Form アゴラギャラリー、ニューヨーク 2010 TOAST (Tribeca Open Artist Studio Tour) ニューヨーク 2010 グループ展、‘VisualVaudeville’ 368 B’way スペース 2016 個展「ニューヨークの風景画展」 伊勢丹新宿本店本館 2016 NYC 夏季選考グループ展 ジョージ・ビリス・ギャラリー

__________________________________________________

 

NEW YORK LANDSCAPE

May 2016

ISETAN Tokyo

 

 

ココマスダ|ニューヨークの風景画展 2016年5月 伊勢丹新宿本店本館

See the work larger here.

My Personal New York - A Solo Show celebrating the 30th year after arriving in America

 

May 2009

Space Yui, Tokyo

 

In the fall of 2008, after having worked as an illustrator for almost two decades, I decided to challenge myself to paint, and to have a solo show in Tokyo at the end of the following year. It was my typical way of pushing myself creatively.

 

What interested me was the stories of people and places around me: faces of children; New York cityscapes; places I have memories of.  An essay in Japanese accompanied each painting at the show.

 

After the show, I became a painter.

 

As an illustrator, my work is highly stylized and often conceptual. Though I occasionally use references, my figures and places are mostly imagined.

 

As a painter, I paint simply without manipulations. Even though the work still has graphic quality of my illustration work, I have a distinct sense that the brushes are leading me to more realistic way of painting.

 

 

個人的ニューヨーク ー 渡米30年記念個展 2009年5月
スペースユイ、東京 イラストレーターとして20年近く活動した後、2008年の秋に、私はこれから「画家」になろうと思いました。そして、渡米30年目を記念して、翌年の暮れまでに東京で個展を開催しようと決心しました。私らしい、新しい事への挑戦でした。 私が描きたかったのは、私の周りの人々や環境です。まだ小学生だった娘と子供達の顔、ニューヨークの街、思い出の場所。個展では、それぞれの作品にエッセイを添えて展示しました。 個展の後、私は画家になりました。 イラストレーターとしての私の作品は、全く写実的ではないし、アイディアが先行しているものです。資料を見ることはありますが、人物や場所は想像から描くことがほとんどです。 画家としては、できるだけ目で見たそのままを描きます。私のイラストの作品と同じように、グラフィックな傾向はあるかもしれませんが、筆が写実的な方向に私を導いていると感じています。

You can see the work exhibited larger in PORTRAITS,

KIDS PORTRAITS, AND

CITYSCAPES.

日本語でも発信!

Coco Masuda Studio

 

coco@cocomasuda.com

T: +1.917.429.6416

F: 1.212.732.2599

40 Harrison St Ste 33C

New York NY 10013 USA

 

 

 

 

Copyright © 2016 by Coco Masuda unless otherwise specified. All rights reserved.